宅建の資格に挑戦しよう

不動産業界で仕事をするのであれば、宅地建物取引主任者の資格は必須とも言える資格です。それは、宅地建物取引主任者には独占業務と呼ばれる宅地建物取引主任者でしかできない業務があるからです。不動産関連で有効な資格はいろいろありますが、営業や営業事務関連の仕事を考えているのであれば、取得しておいたほうが良い資格です。
この独占業務で一般的なのは、重要事項の説明になります。土地や建物の売買の契約や賃貸の契約を行う際に、その物件と契約の内容に関する重要事項を記載した書面を発行し、その書面について説明をするものです。もちろん、記名し押印することになりますから、その契約について責任を負うことになります。それだけ重要な業務ということになります。記入、押印に関しては、契約書にも同様に行います。説明ですから、ただ単に記載事項を読み上げるだけではいけません。相手が誤解していると思ったら詳しく説明をする必要があります。それを怠った場合は義務違反となってしまいます。
この宅地建物取引主任者は平成27年の4月から宅地建物取引業法の一部改正が施行されるのに伴い、宅地建物取引士へ名称が変更されます。業務自体が変わることはありませんが、その法改正によって、試験に出題される範囲も新しいものとなりますから、資格取得を目指して勉強されていた方は、改正後の宅地建物取引業法についても勉強する必要があります。平成26年には交付されていましたので、対応はされていると思いますが。また、試験の難易度が上がるのでは。とも、言われていますが、実際はまだ、改正後の試験が行われていないので、わかりません。