キャットフードの中身を探ろう

前へ
次へ

キャットフードに含まれている4Dミートとは

キャットフードの原料について調べていくと「4Dミート」という言葉に遭遇することがあります。
この4Dミートとはどのようなもので、なぜキャットフードの原料に使用されているのでしょうか。

簡単に言えば「質の悪い肉」

4Dミートの「4D」とは死亡(Dead)、病気(Diseased)、死にかけ(Dying)、障害(Disabled)の4つの頭文字を取ったものです。
つまり飼育している途中で死んでしまったり、病気になったりして、人間が食べるには適さない状態になったものだということです。
ぶっちゃけ「質が悪い」のです。
キャットフードをはじめとするペットフードには、こうした肉が原材料として使用されていることがあります。
なぜこのような質が悪い原料を使用しているのでしょうか。

コストを抑えるために使用

これははっきり言ってしまえば「製造コストを抑えるため」です。
実際、ちゃんとした肉を使用しているキャットフードもありますが、人間が食用として使えるようなものを使用するとコストがかかり、どうしても高価な製品になってしまうのです。
キャットフードの中にはリーズナブルなことを売りにしている製品がありますが、そうした製品を作るためには製造コストを抑える必要があります。
4Dミールは本来ならば廃棄物として処分するしかないもので、コストは極めて安いです。
安い原料を使用することで製造コストを抑えるという、人間側の都合だけを考えて原料として使用されているのです。

4Dミート使用を見分ける方法

では、この4Dミートが使用されているかどうかを見分ける方法はあるのでしょうか。
それは、キャットフードの成分表に「ミートミール」と書かれているかどうかです。
この記述がある場合、4Dミートを原料として使用している可能性が高いのです。
もちろん、この記述があっても4Dミート以外を使用している例もありますので、成分表にミートミールと書かれているからといって、4Dミートを使用していると決めつけるわけにはいきません。
ただ、安価なキャットフードの成分表にミートミールと表記されているのを見たら、質が悪いと判断して購入を控えた方がいいかもしれませんね。
数多くの商品がありますが、その中でもできるだけ安全性の高いキャットフードを選びたいですよね。
そんな方におすすめなのが、安全性の高いキャットフードのランキングサイトや、キャットフードの口コミサイトです。
ランキングサイトや口コミサイトで人気の高い商品は原材料にこだわられていたり、猫に必要な成分のみで作られています。
多くの飼い主さんから支持されている=安全性が高いといえるでしょう。

ページのトップへ戻る