キャットフードの中身を探ろう

前へ
次へ

キャットフードの添加物(ブチルヒドロキシアニソール)

キャットフードの成分表を見ていると「BHA」という単語が目に入ってくることがあります、BHAの正式名称は「ブチルヒドロキシアニソール」といいますが、どのような理由でキャットフードに配合されているのでしょうか。

BHAは酸化防止剤

キャットフードには動物や植物由来の脂肪分が含まれています。
猫の体にとって必要なためですが、問題はこの脂肪分が酸化してしまうことです。
酸化した脂肪は猫の体に悪影響を与え、下痢などの原因になってしまいます。
キャットフードは開封後、空気に触れることで酸化していきます。
これを防ぐためには、酸化防止剤を配合する必要があります。
BHAは、この酸化防止剤の一種なのです。

メリットは効果が持続すること

BHAの最大のメリットは、効果が長期間持続してくれることです。
比較的安価なキャットフードの中には、量が多い「お徳用」のようなものもあります。
こうした製品は開封後、酸化してしまうことは避けられませんが、BHAを配合することで酸化を抑えているのです。
酸化防止剤としてはトコフェロール(ビタミンE)やアスコルビン酸(ビタミンC)が配合されている商品もありますが、BHAに比べて効果が持続しないというデメリットがあり、お徳用商品には向いていません。
BHAならば、その点については心配ないというわけです。

デメリットは猫の体に良くないこと

ただ、いくら酸化防止剤として優秀であっても、猫の体に悪影響を与えては意味がありません。
BHAはその点については、落第と言っていいでしょう。
実はBHAには発癌性があることが分かっているため、海外では小児科病院での食事に使用しないようにしているところもあるぐらいなのです。
猫は人間の子供と比較しても体が小さいため、こうした化学物質の影響を受けやすくなっています。
BHAが配合されている商品は、購入を避けるのが賢明でしょう。
BHAはいわゆる激安品だけでなく、比較的高価な商品に含まれていることもあります。
キャットフードを購入する際には価格だけでなく、BHAが含まれているかどうかをチェックすることも必要なのです。

高齢猫用のキャットフードではEPAやDHAが含まれていると良いそうです。
このEPAやDHA配合のキャットフードについてはこちらをご覧ください。
参考URL http://www.nationalpretzelday.com/epa.html

ページのトップへ戻る