キャットフードの中身を探ろう

前へ
次へ

ウエットキャットフードの特徴

キャットフードは大きく分けて、「カリカリ」とも呼ばれるドライフードと、缶やレトルトパウチに入ったウエットフードがあります。
ウエットフードには、どのような特徴があるのでしょうか。

特徴1・猫の食いつきが良い

猫は本来、生きた動物を食べるものです。
生きた動物には基本的に水分が含まれており、ドライキャットフードのように乾燥していることはないと言っていいでしょう。
ウエットキャットフードは生きた動物のように、適度な水分が含まれています。
つまり、本来食べるものに近いものになっており、このためドライキャットフードに比べて食いつきが良くなっています。

特徴2・水分が摂取しやすい

猫はあまり水を飲むことがない動物ですが、水分そのものが不要だというわけではありまえん。
水を飲むことが得意ではないだけで、むしろ汗をかきにくいため、体温調節のためにも水分が必要になのです。
ウエットキャットフードは、水分が多く含まれているので、苦手な水飲みをしなくても水分を摂取することができます。
これによって、体温調節機能がアップしてくれるのです。

特徴3・含まれている栄養分が少ない

ウエットキャットフードに水分が多く含まれているということは、同じ量だとドライキャットフードよりも含まれている栄養分が少ないということにつながります。
しかも、総合栄養食として認められているものが少なく、栄養の偏りが生じる可能性もあります。
たとえ総合栄養食であっても、ウエットキャットフードの場合は栄養分の含有量そのものが少ないため、それだけ食べていればいいということにはならないのも痛いところです。

特徴4・開封後の保存性が低い

ドライキャットフードが開封後、1カ月程度は持つのに対し、ウエットキャットフードは開封した後、その日のうちに食べてしまわないとならず、保存性が極めて悪くなっています。
コストパフォーマンスという点では、ドライキャットフードに大きく劣っています。

ウエットキャットフードにはこのような特徴があります。
どちらかというと主食よりも、ドライキャットフードを補完するものだと考えた方が良さそうですね。

ページのトップへ戻る