キャットフードの中身を探ろう

前へ
次へ

キャットフードの選び方

「キャットフードなんて何を選んでも一緒」なんていい加減なことを考えている人はあまりいないとは思いますが、どんなキャットフードを選ぶべきかについては詳しくないという人も多いのではないでしょうま。
キャットフードを選ぶためには、どのようなポイントがあるのでしょうか。

ポイント1・穀物が多く含まれていない

猫は完全肉食動物で、人間のように植物由来の食べ物から栄養を摂取することはできません。
このため、キャットフードは動物性の原材料が多く含まれている方が良質だということになります。
安価なキャットフードにありがちなのが、穀物が多く含まれていることです。
酷いものになると、原材料の最初に穀物が来ている製品すらあります。
猫は植物性のものからうまく栄養を摂取できないので、結果として栄養価が低くなるうえ、猫の消化器に負担をかけることにもつながります。

ポイント2・肉の質が良い

肉の質が良いかどうかを見分けるポイントは、成分表にあります。
チキンやラムなど、原料がちゃんと記載されている製品は、ちゃんとした肉を使用している可能性が高いです。
逆に「ミートミール」など、何の肉なのかが記載されていない製品は怪しいと言っていいでしょう。
安価なキャットフードの中には、死骸をはじめ人間が食べないような質の悪い肉を使用しているものがあります。
これは原料コストを抑えるためですが、当然のことながら、こうした製品は猫の体にとって良いものにはなりません。

ポイント3・危険な添加物が使用されていない

キャットフードに添加物を使用するのは、保存を考えればある程度はやむを得ないでしょう。
問題は添加物に何を使用しているかです。
トコフェロール(ビタミンE)やアスコルビン酸(ビタミンC)など、人間が食べても問題がないものは、猫にとっても安全です。
逆にBHAやBHT、亜硝酸ナトリウムなどは猫にとって危険です。
エトキシキンのように、人間への使用が認められていないものもあります。

猫のことを考えるなら、以上の点に気をつけて選ぶようにしましょう。
それが、猫の健康につながってくれるからです。

ページのトップへ戻る