キャットフードの中身を探ろう

前へ
次へ

キャットフードの原材料(とうもろこし)

キャットフードにはいろいろな原材料が使用されていますが、成分表に「とうもろこし」と記載されている製品もあります。
とうもろこしがキャットフードに使用されている理由と、猫の体にとってどういう影響を与えるのかについて説明していきましょう。

とうもろこしは猫の栄養にならない

まず知っておいてほしいのは、猫は完全肉食動物だということです。
つまり、肉以外のものはほとんど食べないし、食べても栄養にならないということです。
腸が短いため、植物性の食べ物の消化がうまくいかないためです。
トウモロコシは植物性ですから、猫にとっては消化が悪いものです。
うまく栄養分を吸収することもできませんから、正直なところキャットフードに配合する意味はあまりありません。
しかも、トウモロコシに含まれているグルテンは、猫にとってアレルゲンになる可能性があるので厄介です。
猫のキャットフードアレルギーの原因のひとつと言っていいでしょう。

なぜとうもろこしが使用されているの?

では、そんな原材料をなぜ使用しているのかというと、コストを下げるためです。
穀物を使用していないグレインフリーのキャットフードが高価なのは、原材料コストが高いためです。
安価なキャットフードは穀物を混ぜることで、原材料のコストを下げているのです。
酷いものになると、原材料のトップにとうもろこしが記載されている製品もあるくらいです。
はっきり言ってしまえば、とうもろこしは猫のことを考えず、人間の都合だけで使用されている原材料なのです。
とうもろこしの使用量が多い製品は、猫にとっては栄養不足の原因となります。
成長のためにカロリーを大量に必要とする子猫なら、そのような製品を与えると成長不良の原因になります。

キャットフードにとうもろこしが含まれているかどうかは、製品の質を見極める材料のひとつといっていいでしょう。
とうもろこしの使用量が多いキャットフードは質が良くないので、購入しないようにするのが賢明なのです。
キャットフードには総合栄養食と一般食という2つのタイプがありますが、総合栄養食は猫にとって必要な栄養素が含まれているため、この総合栄養食のキャットフードさえ食べていれば健康に問題ないとされています。
そうはいっても、1つのキャットフードだけでは補えきれない栄養分もある可能性があります。そこでおすすめなのが猫用に作られたサプリメントです、
この猫用サプリメントで足りない栄養素を補っていくと良いでしょう。
猫用サプリメントについて詳しくはこちら
参考URL http://www.community.sapporocdc.jp/comsup/yumekura/greeting/

ページのトップへ戻る