キャットフードの中身を探ろう

前へ
次へ

キャットフードの添加物(エトキシキン)

愛猫家ならばキャットフードを購入する際に、添加物が配合されているかどうか気になるのは当然と言っていいでしょう。
そうした添加物の中に「エトキシキン」というものがありますが、どのような効果を持っているのでしょうか。

キャットフードの酸化を防いでくれる

キャットフードは材料に動物由来のものを多く含んでおり、その中には動物性脂肪もあります。
猫は完全肉食動物なので、動物性脂肪の摂取は欠かせません。
ただ、動物性脂肪には開封後に酸化しやすいという問題点があります。
参加した脂肪を摂取することでお腹を壊す原因になってしまうだけでなく、脂肪分が血管に付着して動脈硬化を招いてしまうことすらあるのです。
こうした問題を解決するために、キャットフードの多くには酸化防止剤が含まれています。
エトキシキンはそのうちのひとつで、比較的効果が高いとされています。

人間への使用が認められていない

ただ、添加物は効果が高ければいいというものではなく、摂取しても安全かどうかが最も大きな問題となります。
その点について言えば、エトキシキンは「落第」と言っていいでしょう。
実はこのエトキシキン、日本では人間が食べるものに使用したり、農薬として使用したりすることが認められていないのです。
毒性が強いことがその理由ですが、こんなものをキャットフードに利用するなんて馬鹿げているとしか言いようがありません。
しかも、困ったことにエトキシキンが使用されているかどうかについての記載義務がないのです。
酸化防止剤と記載されているその中身がエトキシキンかどうか、確かめようがないのです。
エトキシキンは比較的安価に入手できますので、リーズナブルなキャットフードに酸化防止剤として使用されている可能性が否定できません。

エトキシキンが含まれているキャットフードは、購入しない方が賢明です。
そうした製品を避けるためには、トコフェロールなど自然由来の酸化防止剤を使用している製品を選ぶか、安価な製品の購入は避けるようにするのがいいでしょう。

ページのトップへ戻る