キャットフードの中身を探ろう

前へ
次へ

キャットフードになぜ穀物が含まれているのか

猫は完全肉食動物で、本来は植物性のものを食べることはほとんどありません。
にもかかわらず、キャットフードにはとうもろこしなど穀物が含まれている製品があります。
なぜキャットフードに穀物が含まれているのでしょうか。

穀物の配合は「量を増やすため」

そもそも猫の体は、植物性のものをうまく消化・吸収できるようになっていません。
これは人間などと比べて腸が短いため、繊維質の多い植物をうまく消化できないためです。
また、穀物にはデンプンが多く含まれていますが、猫はデンプンを分解する酵素をほとんど持っていませんので、食べてもあまり吸収することができないのです。
にもかかわらず、キャットフードに穀物が配合されているのは、量を増やすためです。
コストの安い穀物を混ぜることで、原料費を圧縮しているのです。
つまり、猫のためを考えてではなく、もっぱら人間の都合だけで配合されていると言っていいでしょう。
ひどい製品になると、成分表のトップに穀物が書かれているものもあるのです。
とても猫のことを考えているとは思えませんね。

穀物が含まれることのデメリットは?

本来猫が食べるものではない穀物を配合することで、当然のことながらデメリットが生じます。
まず考えられるのが、同じ量を食べても摂取できる栄養分が減ってしまうことです。
猫がうまく消化・吸収できないものを食べているのですから、ある意味当たり前と言っていいでしょう。
これは特に、成長のために多くの栄養分が必要になる子猫にとっては大きな問題になります。
もうひとつの問題は、穀物の種類によってはアレルギーの原因になることです。
具体的にはとうもろこしや麦に含まれているグルテンが、アレルゲンになってしまうのです。
同じ穀物でも米ならばこの問題は起きないため、まだましということになります。

キャットフードに穀物を混ぜる理由は、製造コストを抑えるという人間側の都合によるものです。
猫のことを考えるならば、コスト的には高く付いてしまいますが、できるだけ穀物が含まれていない製品を選ぶようにしたいものです。
穀物を使用していないキャットフードのことをノーグレインキャットフードといいます。

ページのトップへ戻る