キャットフードの中身を探ろう

前へ
次へ

キャットフードの原材料(肉副産物・ミート副産物)

キャットフードの成分表を見ていると「肉副産物」「ミート副産物」というものが含まれていることがあります。
あまり聞き慣れない言葉ですが、これは一体どういうものなのでしょうか。

「副産物」とは動物の内臓のこと

牛や豚、鶏などの動物のうち、すべての部分が食べられるというわけではありません。
内臓の中には食用に適さず、処分してしまう部位もあるのです。
これが「肉副産物」「ミート副産物」です。
同じ動物なのに、人間の都合だけで食べられないというのはもったいないので、キャットフードに使用しているというわけです。
猫は完全肉食動物なのに、どうやってビタミンやミネラルを摂取しているのかと疑問に思っている人もいるかもしれませんが、こうした内臓から摂取しているというわけです。
つまり「肉副産物」も「ミート副産物」も、本来は猫にとって必要なもののはずなのです。

粗悪品が含まれているケースがある

にもかかわらず「肉副産物」「ミート副産物」という名称に悪いイメージを持っている人は、少なくありません。
これは、製品によっては粗悪品を使用しているケースがあるからです。
例えば死骸の内臓を使用しても「肉副産物」「ミート副産物」になってしまいます。
悪性腫瘍に冒された内臓についても同じことです。
激安製品の中には、こうした質の悪い原材料を使用しているケースがあります。
もちろん、猫の体にとって良いものではありません。
なぜこのような粗悪な原材料を使用するのかというと、コストが安いからです。
もともとはゴミとして処分するものなので、極めて低いコストで入手でき、激安キャットフードを作ることができるのです。

「肉副産物」「ミート副産物」が含まれているといっても、必ずしも製品として粗悪なわけではありません。
激安価格のキャットフードが粗悪な「肉副産物」「ミート副産物」を使用しているため、誤解されている部分があるというのが実際のところです。

キャットフードを選ぶときのポイントとして、あまりにも安い商品は選択肢から除外した方が良いでしょう。
値段だけで質の良さを決めることはできませんが、猫にとって必要な栄養素がしっかりと入っているキャットフード原材料にこだわられているキャットフードというのは、作るのにかかる費用や手間が多く値段設定も高くなりがちです。
そのため安すぎるキャットフードで良質な原材料と栄養価を高くすることはまず難しいといえます。

ページのトップへ戻る