キャットフードの中身を探ろう

前へ
次へ

キャットフードの添加物(赤色着色料)

キャットフードの成分表を見ていくと、赤色○号というものが含まれていることがあります。
これは、キャットフードに赤い色をつける着色料なのです。
なぜこのようなものが含まれているのでしょうか。

キャットフードの見栄えを良くするために配合

キャットフードに赤色着色料を使用するのは、見栄えを良くするためです。
ドライフードを作る過程で、熱を加えて乾燥させる必要がありますが、このときに茶色系の地味な色になってしまうのです。
実際、着色料を使用していないキャットフードもありますが、ほぼ間違いなく茶色系になっています。
ここに赤色着色料を加えることで、鮮やかな色になり、見た目がおいしそうになってくれるのです。
つまり、味よりも見た目のことだけを考えて使用していると言っていいでしょう。
赤色着色料にはいろいろなものがありますが、キャットフードには赤色3号、4号、102号がよく使用されています。

猫の体にとっては問題だらけ

問題は、こうした着色料は猫の体にとって有害だということです。
猫は人間と比べて体が小さいため、赤色着色料などの化学物質の悪影響が強く出てしまいやすいのです。
まず赤色3号には、発癌性があることが分かっています。
最近ではペットの癌が増えており、発症すれば人間と同様、命にかかわります。
また、治療する場合でも人間と違って医療費全額を払わなければならないため、多額のコストがかかります。
赤色4号と102号は、アレルギー症状を引き起こす原因となります。
キャットフードアレルギーによって皮膚が荒れてしまうなどした場合には、動物病院での治療が必要になるケースもあります。
このときも当然ながら、それなりのお金がかかってしまいます。

このように、赤色着色料は見た目だけを考えて配合されているもので、猫の体のことを考えて使用されているわけではないのです。
おいしそうな色のキャットフードを見かけたら、赤色着色料が使用されている可能性がありますので、購入を避けた方がいいでしょう。

ページのトップへ戻る