キャットフードの中身を探ろう

前へ
次へ

キャットフードの原材料(米)

かつて猫の餌といえば、ご飯に鰹節を振りかけた「ねこまんま」が主流でした。
また、キャットフードの成分表を見ると、原材料に「米」と書かれている製品があります。
米を猫に与えることは、どのような効果があるのでしょうか。

米は猫にとって必要のないもの

結論から書きましょう。
米は猫にとっては食べる必要にないもので、食べてもほとんど栄養になりません。
これは、猫が完全肉食動物だからです。
猫は腸が短く、植物性のものを消化することが苦手です。
また、体内にデンプンを分解するための酵素を持っていませんので、米に含まれているデンプンの吸収率も低いからなのです。
「猫にはねこまんま」というのは、昔の間違った知識として切り捨ててしまっていいでしょう。
では、なぜキャットフードに米が使用されているのかというと、量を増やすためです。
穀物が含まれていないキャットフードはありますが、例外なく高価です。
米をはじめとする穀物を混ぜることで量を増やし、コストを下げているというわけです。
猫のことを考えず、人間側の都合だけを考えて配合されていると言っても過言ではないでしょう。

メリットはアレルギーのリスクが低いこと

ただ、そんな米にも数少ないメリットがあります。
それは、猫がアレルギー症状を引き起こす可能性が低いことです。
愛猫がキャットフードアレルギーになってしまうことがありますが、その原因のひとつはトウモロコシや小麦に含まれているグルテンです。
グルテンはタンパク質の一種ですが、猫にとっては消化・吸収が難しいうえ、体内でアレルゲンとなってしまうことがあるのです。
米のメリットは、このグルテンが含まれていないため、アレルギー症状を引き起こす可能性が低いのです。
猫にとっては必要ないものであっても、害もそれほど大きくないだけマシといったところです。

米は猫にとっては必要のないもので、キャットフードに配合するのも単に量を増やすだけのためです。
ただ、トウモロコシや小麦のようにアレルギーを起こす可能性が低い分、米入りキャットフードは良心的といえるのかもしれません。

ページのトップへ戻る