キャットフードの中身を探ろう

前へ
次へ

キャットフードの添加物(トコフェロール)

猫のことを考えるならば、キャットフードは添加物を含んでいないものが理想なのですが、保管が難しいという問題点があります。
品質保持のために含まれている添加物の中には「トコフェロール」というものがありますが、これは一体どのような成分なのでしょうか。

トコフェロールとはビタミンEのこと

キャットフードはタンパク質だけでなく脂肪分が配合されており、開封後に脂肪分が酸化するのは避けられません。
このため、酸化防止剤が含まれていることが多く、トコフェロールもそのひとつです。
トコフェロールは別名を「ビタミンE」といいます。
脂溶性ビタミンの一種で、抗酸化作用を持っています。
この抗酸化作用によって、キャットフードの酸化を防止しているわけです。
普通に人間が食べられるものなのですから、猫が食べても害はありません。
抗酸化作用によって体内の活性酸素の働きを抑え、アンチエイジング効果を発揮してくれることすらあります。
トコフェロールを酸化防止剤として配合している製品は、比較的良心的だと考えて良さそうです。

弱点は効果が長続きしないこと

そんなトコフェロールにも欠点はあります。
それは、効果が長続きしないことです。
トコフェロールの酸化防止作用は、開封後1カ月程度しかもちません。
これを超えると、キャットフードに含まれている脂肪分が酸化してしまうのです。
酸化した脂肪を摂取することで、猫がお腹を壊してしまうこともあります。
また、体内に取り入れられると血管にこびりつき、動脈硬化の原因となってしまうこともあるのです。
安価なラージサイズのキャットフードにトコフェロールが配合されていることがほとんどないのは、この欠点のためです。

上にも書きましたように、トコフェロール自体は自然に存在している物質なので、猫にとって害がないどころか有益ですらあります。
ただ、効果が長続きしないことを踏まえ、保管方法には十分に注意する必要があることを理解しておきましょう。

ページのトップへ戻る